勃起不全について誰にも相談できず悩む男性

日本人男性は、およそ1/4人が勃起不全に悩んでいるそうです。私も、以前までは勃起不全に悩んでました。ですが今では改善へ向かっています。勃起不全は治せる病気!これをテーマに記事を更新します。

勃起不全の治療は自分でもできる

病院に行けば勃起不全の治療はできます。病院では、カウンセリングや診断が行われて、勃起不全を改善する薬が処方されます。この薬は血管を広げる作用のあるものです。病院に行って治療するのは悪い方法ではないのですが、保険のきかない自由診療なので治療代が高額になる場合があります。
勃起不全にはいろいろな原因がありますが、特に多いのはペニス周辺の血流の悪さです。血流が悪いと性行為に必要な硬度を得るのが難しくなります。ペニスの周辺の血流が悪くなるのは、運動不足や栄養の偏りが原因になることが多いです。運動をすれば、体全体の血液の流れが良くなります。ペニスの周辺の血流も良くなるので、勃起不全を改善できます。体の負担になるような運動をする必要はありません。うっすらと汗をかくような運動で十分効果があります。気軽に始められるウォーキングが特にお勧めです。
栄養の偏りがあると、精子の活動が弱くなることがあります。精子の活動が弱まると、ペニス全体の力が弱くなって、勃起不全になります。これを防ぐためには各種のビタミンやミネラルを、毎日取ることが大切です。亜鉛はセックスミネラルと呼ばれ、精子の活動を活発にします。亜鉛が多く含まれているのはカキですが、サプリメントで取ることもできます。亜鉛が含まれたサプリメントは普通のドラッグストアで購入可能です。糖尿病などの生活習慣病が原因で、勃起不全になることがあります。このようなときは病院に行って、原因となる病気を良くすることが必要です。勃起不全の改善に役立つ運動や食事は、生活習慣病の改善にもプラスになります。勃起不全は長い時間を経てかかる病気で、その意味では生活習慣病と似ています。体全体の健康を増進することが、ペニスの健康にも役立ちます。